妊娠中でもOK!妊婦の風俗店あります

thrstys
妊娠中だからこそ、期間限定という魅力があります。風俗求人でも、妊娠している女性の募集は探せばいくらでもあるもの。その場合は、大衆向けの風俗店ではなく、妊婦専門の風俗店に働いて稼ぐことになります。

風俗は期間限定で働ける

妊娠しても働きたいと感じている女性は多くいます。しかし、一般のパート・アルバイトでは休まれる可能性や、継続的に働けるかどうか不明なため、断られるケースがあります。

風俗なら妊婦のために働けるお店があり、自由出勤なので、妊娠している状態でも快適に働けることができます。

妊婦専門店と大衆風俗店の大きく違うのは、妊娠期間中の待遇です。産後に託児所も準備している他、母乳が出なくなったときでも、そのまま働けるのが魅力です。自由出勤なので、臨月や体調不良のときに事前に言えば、休めるので妊娠している女性には素敵な環境です。

妊娠の間だけでも働くこともできるので、時間や期間の利便性は高いです。また、同じ環境にいる仲間がいることで、相談やアドバイスをもらえたりします。

男性客が優しい

妊娠期間中のメリットは、男性が優しく接してくれることです。やはり、お腹に赤ちゃんがいる状態だからなのか、「妊婦さんであること」が好きなのか、マニアの方にとっては貴重な存在です。

サービスはお店によって異なり、オナクラやSM嬢など、体に負担のかからないものや稼げるものを選択するのが良いでしょう。もちろん、デリヘルでも妊婦専門店ならプレイ内容も体を使ったものではなく、手など触れないものに変えられる場合があります。

状態によってサービスを使い分けよう

htrtsr
妊娠していると言っても、すぐに専門店で働けるわけではありません。妊娠して6ヵ月〜7ヵ月になった状態でなければいけない条件もあります。

正確な妊娠期間はお店に確認した方が良いでしょう。客層で妊婦の集め方も違うからです。なので、妊娠中でも専門店に応募できない場合は、大衆向けや高級店など、無理のない範囲で風俗で働くのがベストです。

お腹が大きくなる前に高収入で稼ぐことができると、将来的な不安が解消できます。

サービス内容を最初はハードなものからソフトのものへシフトするのが良いです。例えば、お腹が目立たない時期はヘルスをして、目立つ時期にはオナクラに変更するなど、体に合ったサービスをすることで、効率良く稼げることができます。

このように、通常では働きづらい妊婦も風俗で働きやすい環境が作れます。妊婦さんに配慮したお店を選ぶことで、安心して稼ぐことが可能となりますよ。